悩ましい賃貸管理はプロに丸投げ可能!スムーズな経営法

紙幣

持ち家に住めなくなったら

インテリア

家を守り収入も得られる

リロケーションは自分の持ち家を期限を決めて他の人に貸すことで、転勤などの為に自分の家に住むことができなくなった人に利用されています。リロケーションすることで家賃収入が得られるというメリットがあります。また空き家にしておくと泥棒に侵入されたり放火されたりするリスクが高まりますが、人が住んでいるとそういった犯罪被害を防げます。また通水や換気がされるため、家が傷むのを防げます。リロケーションの最も大きな特徴が、あらかじめ貸しだす期限を決めておくということです。期限が決まっていない通常の賃貸では、借主の方が権利が強い為転勤が終わって帰ってきても家を明け渡してもらえません。自分の家があっても住むことができず、別の家を借りて住まなくてはいけなくなります。しかしリロケーションの場合には期限がくれば速やかに家を出ていってもらえるので、そういったトラブルにあうのを回避できます。ただし借主は短期間しか家に住むことができず、期限がくれば新たに家を探さなくてはいけなくなります。その上新しい家の敷金や礼金、引越し費用などもかかります。その為リロケーションの際に通常の賃貸よりも賃料が安く設定されています。リロケーションは取り扱っている不動産業者に依頼して行うことができます。入居者募集の他に家賃保証や貸している家の定期巡回などを行っている業者もあり、安心して賃貸管理を任せることができます。すでに転勤していて家に住んでいない場合でも、申し込めば利用できます。