悩ましい賃貸管理はプロに丸投げ可能!スムーズな経営法

女性

持ち家に住めなくなったら

期限を決めて家を貸すことをリロケーションといい、転勤などで持ち家に住めなくなった人に利用されています。貸している間家賃収入が得られる上に、犯罪被害から家を守れるというメリットもあります。取り扱っている不動産業者に依頼すればリロケーションを始めることができ、すでに家に住んでいない場合でも利用できます。

男の人

住人とのトラブル防止

賃料トラブルは家賃を住人が納めないことから始まり、住人とのトラブルを生み出してしまうのが特徴です。その対応を任せられるのが家賃債務保証であり、住人との直接的なやり取りなしでトラブルを解決することができます。

賃貸物件の管理方法とは

模型

管理会社の様々な業務内容

賃貸のアパートやマンションを管理する場合は、やはりその道のプロである賃貸管理会社に任せるのがいいでしょう。一口に賃貸管理といっても、管理業務にはそれぞれソフト面とハード面があります。ソフト面とは、クレームやトラブルの対応、家賃の入金確認や滞納の督促、入居者の募集や解約の手続きなど、入居者に関した業務が中心となります。一方のハード面での賃貸管理業務とは、ビルメンテナンスや水質の検査、防災点検や植栽管理、そして清掃など、建物に関連する業務のことを指します。この2つはいわば車の両輪のようなもので、どちらもうまく機能させる必要があります。当然、賃貸管理会社を選ぶ時は、その点に注意する必要があります。賃貸管理の基本的な流れとしては、入居者の募集、そしてたとえば家賃の入金や更新などの、入居期間中の管理、そしてオーナーへの業務報告ということになります。もちろんこれ以外にも様々な業務があります。また最近の賃貸管理会社は、家賃保証や一括借り上げを行っている所もあります。家賃保証は、滞納があった時の保証を行うもの、一括借り上げは、物件を管理会社が借り上げて、空室分の家賃も支払うものです。いずれも家賃収入の保証を約束していますので、必要な場合は契約するという方法もあります。ただし一括借り上げの場合は、空室の保証もしてもらえる反面、契約更新料や敷金、あるいは礼金などは、オーナーではなく、賃貸管理会社の物となりますので、その点に注意しておきましょう。

マンション

入居者管理のツールが大切

部屋の数が多いマンション管理を行うときには入居者管理の手間を減らすためのツールが役に立ちます。情報管理では不動産管理ソフトが活用できますが、システムを導入すると自動で通知や滞納の催促なども行えるようになるでしょう。